ユダヤ人に優秀な人が多い理由、これさえ分かれば優秀になれる…かも

   

ユダヤ人は非常に優秀な人が多いと言われています。

そもそも彼らはなぜそこまで才能があると思われる人が多いのでしょうか。

そこで、今回は彼らの才能の源泉を深堀してみようと思います。

また、その理由を理解し利用できれば自分たちの生活をより豊かにできるかもしれませんね。

ユダヤ人の優秀さの秘密

ユダヤ人は優秀と言われますが、実際のところどうなのでしょうか。

ただ考えてみると、相対性理論で知られる天才科学者アインシュタインや世界的な財閥ロスチャイルド家はユダヤ人ですし、世界的投資家ウォーレンバフェットもユダヤ人です。

また、ノーベル賞受賞の多くをユダヤ人が占めているということからも彼らが優秀だということはよくわかりますね。

以上の例だけでも彼らユダヤ人は類まれなる才覚を持っていることがよくわかりますね。

さて、彼らは何故、優秀なのでしょうか。

その理由としては以下のものが説明としてあげることができると思います。。

1 幼少期だけでなく大人になってからも学び続ける姿勢
2 家庭環境
3 ユダヤ人というマイノリティ性

学び続ける姿勢


ユダヤ人は13歳のバルミツバと呼ばれる成人の儀式までに聖書の文言を暗記することが求められています。

ユダヤ人はこうした宗教的理由から幼少期から、しっかりと勉強することを求められる環境に身を置いてきたわけですね。

またユダヤ人は成人した後も延々と、そう死ぬまで勉強を続けます。

こうして学び続ける姿勢があればこそ、既存の知識を応用して新しい理論や仕組みを組み上げることができたのではないでしょうか。

ニュートンは巨人の肩の上に乗っていたから新しい発見をできたと述べました。

つまり古い知識があればこそ新しい発見が可能になるということですね。

こうしたことを考えるとユダヤ人の勉強をし続ける姿勢は、豊富な創造力に結びついていると言えますね。

ですから、彼らの徹底的に学び続けるという姿勢が、社会的、経済的成功につながったのでしょう。

家庭的な理由


ユダヤ人の家庭環境もまた彼らの成功の一助になっていると思えます。

まず先ほど紹介したバルミツバのために、家族は子供に徹底的に勉強する姿勢を叩き込みます。

またユダヤ人の両親は子供が何か才能を示せばそれを伸ばすような教育に力を入れるそうです。

こうした才能を伸ばすための投資も、彼らの豊かな才能の開花に一役買っているのでしょう。

他にもユダヤ人の逸話としてある5〜6歳の双子を連れた母親が将来片方は医者になりもう一方は弁護士になると断言するというものがあります。

双子が最難関資格を要する医者と弁護士になると言い切っているこのユダヤ人の母親の逸話からわかるように、彼らが子供の教育にかなり熱心なことがよく分かりますね。

彼らの英知の源泉として子どもの教育以外にも家庭的な要因を挙げることができるでしょう。

それは結婚ですね。

今では少なくなっているようですが、ユダヤ人社会で結婚といえば「見合い結婚」が多く見られたようです。

その見合い結婚の際には親の家柄や職業柄似ている者同士が結婚したそうです。

ですから学者なら学者と、医者なら医者と結婚していたというわけですね。

そのため子供は優秀な両親から生まれ、そしてその優秀な両親から熱心に教育されるわけですから子供も優秀になるのは当然といえば当然です。

つまりユダヤ人の賢さは遺伝的要因と環境的要因がうまく組み合わさっていたからともいえるでしょう。

またユダヤ人は宗教的に学問の重要性を高く評価していることも、家庭での勉強につながっているのではないでしょうか。

マイノリティ性

おそらく最大の理由が彼らのマイノリティ性でしょう。

ユダヤ人は彼らの王国が崩壊して以降、ディアスポラと呼ばれる自分たちの国を持てない状況が続いてきました。

そのため彼らはどこで生活をするにもマイノリティにならざるをえませんでした。

ですから時にはキリスト教徒から理不尽と言わざるをえない迫害や制限を受けてきました。

そのため彼らは生き残るためにも、強制されることとなった金融業に対しての高い知識をつけるなど社会的マジョリティ集団が持っていない専門性を追求する必要性があったのですね。

こうした社会的挑戦があったこそ、ユダヤ人はより深く学び思考してきたのではないでしょうか。

そしてこの深い思考があったからこそ、彼らの才能を大きく実らせたのでしょう。

つまり、彼らの知見は社会的マイノリティという立場にいたからこそとも言えるわけですね。

彼らの優秀性を真似ることはできるの?

さてユダヤ人が優秀な理由を見てきました。

彼らの優秀さの理由はもう一度、簡単に振り返ると次のようになりますね。

・勉強への姿勢
・家庭環境
・社会環境

さて、これらを今の日本人(特に、働いている人)は利用することができるでしょうか。

はっきり言えば、まず家庭的な環境要因を利用することは難しいでしょう。

ただ、他の要因でしたら十分に利用することができるのではないでしょうか。

そこで、ここからは他の二つの要因、つまり勉強への姿勢と社会的要因をどう今の日本人向けにアレンジして使うことができるのかを考えてみました。

勉強の姿勢を真似よう!


基本的には義務教育を経ているので、一度も勉強したことはないという人は滅多にいないでしょう。

しかし働くようになると、なかなか勉強する時間や機会を見つけることができないという人も少なくないでしょう。

さて、そうした場合どうやって勉強をすればいいのでしょうか。

そこはやはり戦略が重要になると思います。

働いている人にとって勉強するにあたって何を勉強するか、そして限られた時間の中でのその配分が重要になってきます。

そこでここからは、勉強しておいて損をしないものと、その勉強時間の作り方を考えていこうと思います。

何を勉強するべきか

何を勉強するか決めていないと、そもそも勉強を始めることができないこともありえます。

そういった何を勉強したいかわからない人は、まずは次のものを試しに初めてはどうでしょうか。
もちろん勉強したいものがあるのでしたらそちらを勉強した方が良いです。

やりたいことをやった方がモチベーションを維持できるので。

1 プログラミング

AIの発達などにより、今後は仕事が少なくなっていくと予想されています。

ですから、自分の仕事ももしかしたらヤバイのではと思うのでしたらプログラミングを勉強してみてもいいでしょう。

プログラミングスキルがあればAIが発達しても、それを自由自在に使いこなすことができるので引く手数多でしょう。

実際、2022年からプログラマーの多くが退職するので人手不足が予想されています。

もし、プログラミングスキルがあれば今の会社を辞めてもプログラマーの需要があるのですぐに再就職が叶うはずです。

なのでプログラミングを勉強していて損するということはありえないでしょう。
2 お金

お金に関す知識を勉強することも悪くはないでしょう。

お金に関する知識があれば、投資でも失敗する可能性を減らすことが期待できます。

そうなれば不労所得で生活ということもできるかもしれません。

もし不労所得だけの生活が無理でも、月々のお小遣いに不自由するということは無くなるもしれませんね。

実際にお金に関する知識や注意を払っていた人は仮想通貨で大きく儲けることができました。

なのでお金に関する勉強をしても損はしないと思います。
3 英語

ご存知の通り日本では、これから人口減少が進んでいきます。

そのため日本国内だけでお金を稼いでいくことは難しくなるとも言われていますね。

ただ、逆に英語を喋る人はこれからも増え続けると言われています。

なので英語を使えることができればグローバル社会を相手に就職や商業活動が容易に行うことができます。

また英語でしたら、中学校でも勉強しているのでゼロからの勉強ではないので取り組みやすいと思います。

(その後、高校、大学と進学していればより英語と関わってているの勉強もよりしやすのではないでしょうか。)

ですから、何か勉強をしたのであれば一番馴染み深い英語の勉強から始めてみてはどうでしょうか。

また、今回挙げたものが向かないと思っても、勉強しているうちに気になったものがあるかもしれません。

勉強をするのでしたら、やはり自分が気になったものに取り組むのが一番いいでしょう。

時間をどうやって作るか?


さて働いている人が勉強するにあたっての、一番の大敵が時間確保です。

働いている人でしたら、やはりスキマ時間での勉強がいいでしょう。

早朝に勉強した、もし可能なら通勤時の電車で問題を解いたりするのがいいでしょう。

車や満員電車での通勤だから問題なんか解いている暇やスペース諸々がないよというのでしたら、講義や英語の音源をmp3など音声ファイルにして通勤中に聞いてみてはどうでしょうか。

こうしたスキマ時間にでも少しずつでもいいから勉強をしていれば結果的には、何もしない、できない無能な上司や同僚よりもスキルアップしていること間違いなしです。

社会的要因を真似よう!


ユダヤ人はその社会的マイノリティ性のため、思考を深めてきました。

そこで、これを擬似的にでも追体験するに何か新しい環境に飛び込んでみてはどうでしょうか。

働いている人の中には会社と自宅の往復になっている人がいるかもしれません。(また、学生の人の中でも学校と自宅の往復になっている人もいるかもしれません。)

そういった状況ですと思考や考え方がタコツボ化している可能性がありますよね。

思考がタコツボ化していれば、ブラックな職場でもそうとは気づかず働き続ける危険性があります。
そうした危険性を避けるためにも、何か新しいコミュニティや環境に飛び込んでみることは悪くないはずです。

新しい環境に行けば今まであったこともない人とのコミュニケーションをとることができるので、自分が今置かれている環境を新しい尺度で評価することができます。

なのでブラックな職場で働いていても、これによってそれに気づくことができます。

またそれ以外にも新しい価値観を得る可能性があるので、今の仕事の改善案や新しいマーケットを発見できるかもしれませんよね。

ですから何か新しい環境を見つけてそこに飛び込んでみてはどうでしょうか。

 - 未分類